クレープ

トッピングレシピ・その2

定番の生クリームやカスタードクリームはもちろん、チョコレート系のクリームもクレープのトッピンッグとして高い人気があります。ここでは、そんなチョコクリームや、ちょっとしょっぱい食事系クレープとも相性抜群のクリームチーズのレシピなどを紹介しましょう!


チョコクリームの作り方

さっそく、チョコクリームのレシピを紹介しましょう。別名をガナッシュクリームとも言います。温めた生クリームにチョコレートを加えるのが上手に作るポイントですよ。口当たりのいいなめらかなチョコクリームを目指しましょう!

材料(作りやすい分量)

チョコレート:200g、生クリーム:100cc、無塩バター:65g、
ラムシュ:大さじ1/2

作り方

  1. チョコレートは細かく刻んで、ボウルに入れておきましょう。クリームの味を大きく左右するので、なるべく上質のチョコレートを選びましょう。
  2. 生クリームを鍋に入れて中火にかけ、沸騰寸前まで温めます。
  3. 火を止めて、バターを加えて溶かします。生クリームが冷めないうちに刻んだチョコレートを入れましょう。
  4. 静かにかき混ぜながら、なめらかなクリーム状に仕上げていきます。
  5. 最後にラムシュで香りづけをして、出来上がりです。小さなお子さんが食べる場合は控えめに、もしくは入れなくても構いませんよ。

チョコカスタードの作り方

一度で二度おいしいチョコカスタードのレシピを紹介しましょう。チョコカスタードの場合は普通のカスタードよりも卵を少し減らすと上手にできますよ。ビターチョコレートを使えば、より風味良く仕上がります♪

材料(作りやすい分量)

牛乳:200cc、砂糖:50g、薄力粉・コーンスターチ:各大さじ1、
卵黄:1個分、バター:10g、チョコレート:50g

作り方

  1. 薄力粉とコーンスターチはあわせて、よくふるっておきましょう。バターは溶かして、チョコレートは細かく刻んでおきましょう。
  2. 鍋に牛乳を入れて、沸騰する寸前まで火にかけます。火と止めて粗熱をとっておきます。
  3. ボウルに卵黄と砂糖を入れて、白っぽくなるまでよく混ぜ合わせます。ふるいにかけておいた薄力粉とコーンスターチをあわせたものを加えたら、ゆっくり混ぜましょう。
  4. そこに粗熱をとった牛乳を数回にわけて入れ、さらに混ぜ合わせます。ここで、こして鍋に入れ、混ぜながら中火で少しとろみがつくまで煮ます。
  5. 火からおろし、溶かしバターと刻んだチョコレートを加えてよく混ぜ合わせて冷ましたら、出来上がりです。

クリームチーズの作り方

クリームチーズのレシピを紹介しましょう。手間はかかりますが、手作りできるんですよ。既製品もいいですが、せっかくならクレープと一緒に作ってみませんか?お菓子作りだけでなく、いろんな料理にも使えて便利です!

材料(作りやすい分量)

牛乳(乳脂肪3.6%):500cc、生クリーム:60cc、
プレーンヨーグルト:大さじ1、レモン汁:40cc

作り方

  1. ボウルに牛乳を入れて湯せんにかけます。35〜40度になったら湯せんからはずして、生クリームとヨーグルトを入れて混ぜましょう。
  2. しばらくかき混ぜていると、渦巻き模様ができてきます。そこでレモン汁を加えて、ゆっくり静かにかき混ぜましょう。
  3. 室温に30分ほど置いておきます。縦長の容器に固く絞った布巾をかけて、その上から液を少しずつ注ぎましょう。さらに2時間ほどおいて、乳清(牛乳から乳脂肪分やタンパク質を除いたもの)が抜けるのを待ちます。
  4. 口をゴムで縛って、箸などを通して容器のふちに吊るし、室温でさらに3時間ほどおきましょう。
  5. そのままの状態で冷蔵庫で一晩冷やして、出来上がりです。お好みで塩を少し入れてもいいですが、そのままでも十分おいしいです。またフルーツやハーブなどを混ぜ込むと、いろんなバリエーションが楽しめますよ♪

※クリームチーズに関しては、通販で初心者向けの手作りチーズキットを買うこともできます。ぜひ、お試しください。


トッピングレシピ集2
このページをブックマークする
サイトマップ