クレープ

ガレット&ミルクレープ

ガレットもミルクレープもフランスで一般的に食べられているものです。どちらもクレープのアレンジ料理といっていいでしょう。ガレットは立派な食事にもなりますし、ミルクレープはボリュームたっぷりのデザートです。それぞれの特徴やレシピを紹介しましょう。


ガレットの特徴は?

ガレット

ガレットとはフランス語で「丸くて薄いもの」という意味がありますが、一般的にはそば粉で作ったものを指すことも多いようですね。なので、ここではそば粉のガレットの特徴についてお話しようと思います。ガレットはフランス人が大好きなもので、ブルターニュ地方の郷土料理と言われています。そば粉を混ぜて焼いた生地に生ハムや野菜、魚介類、チーズなどを巻いたり、のせたりして食べます。クレープ・シュゼットのようにジャムやバターで味付けしてデザート風にすることもあります。さて、ガレットとクレープって似ているようですが、違いは何なのでしょう?ガレットと呼ばれるものの多くはそば粉が使われています。それに甘いデザートという印象がどうしても強いクレープに比べて、ガレットは料理という感覚です。そして、もう一つクレープと違うガレットの特徴は、その焼き方にあります。クレープは生地を両面焼くのに対して、ガレットは片面しか焼きません。さらに生地の包み方もいろんな包み方があるにせよ、クレープはクルクルと筒状に巻いたものをたくさん見かけますよね。一方、ガレットは生地の上に具をのせてから四隅を折って四角くするのが一般的な包み方です。まぁ、小さな違いはあっても際立って大きな違いはないような気がします。

ガレットのレシピ

それでは、ガレットのレシピを紹介しましょう!フランスの一般家庭でよく食べられている伝統的なガレットの作り方です。ガレット専用のそば粉というのも売っているので、ぜひ作ってみてくださいね!

材料(8枚分)

ガレット生地

そば粉:100g、卵:1個、牛乳:300cc、砂糖:20g、塩:少々

フィリング(中身)

卵:8個、ウインナー:8本、ピーマン:1個

作り方

  1. ボウルにそば粉と砂糖、塩を入れて混ぜ合わせます。
  2. 別のボウルに卵と牛乳を入れて、よくかき混ぜます。それを、そば粉が入ったボウルに移して、さらにしっかり混ぜ合わせましょう。
  3. ウインナーは幅5mmほどの斜め切り、ピーマンは薄い輪切りにしましょう。フィリングはお好みによって替えてOKですよ。
  4. フライパン(フッ素加工)に生地をオタマに1杯分ずつ流し、薄くのばしながら枚数分を焼きましょう。途中で生地の真ん中にフィリングをのせ、卵を落としましょう。
  5. 生地の端が茶色く色づいてきたら、真ん中に向かって四隅を折りたたんで、出来上がりです。

ミルクレープの特徴は?

ミルクレープ

ミルクレープのミルとは、フランス語で「千枚の」という意味です。その名のとおり、何枚ものクレープ生地が重なってきれいな層になっているケーキなんですよ。その層がミルクレープの特徴とも言えます。フランスでは食後のデザートとして、よく食卓に並びますね。クレープ生地のあいだに生クリームやカスタードクリーム、果物などを入れていきます。いわば、ミルフィーユのクレープ・バージョンですね!ところで、みなさんはどんな食べ方をしますか?ミルクレープは生地が何枚も重なっているので、ケーキと同じようにして上からフォークをさすと横からクリームがはみ出て汚らしくなりますよね。そこで、ミルクレープを完全に横に倒しましょう。そうすれば、食べやすいですよ。一度試してみてください。ちなみに私は1枚ずつはがして食べるのが好きです♪けど、これも行儀の悪い食べ方なんですよね、本当は…。

ミルクレープのレシピ

ここでは、カスタードクリームをはさんだシンプルなミルクレープのレシピを紹介しましょう!クリームの種類をかえたり、果物をはさんだり…。中身はお好みで♪いろいろな味を楽しんでくださいね。

材料(20枚分)

クレープ生地

薄力粉:130g、卵:3個、牛乳:300cc、砂糖:20g、バター:15g、塩・バニラエッセンス:各少々

フィリング(カスタードクリーム)

薄力粉:30g、卵黄:2個分、コーンスターチ:10g、牛乳:300cc、砂糖:60g、バター:20g、生クリーム:100cc、バニラビーンズ:少々

作り方

  1. バターはあらかじめ溶かしておきましょう。ふるいにかけた薄力粉と砂糖に卵を加え、混ぜ合わせます。そこに牛乳を入れて、さらに混ぜます。
  2. 一度裏ごししたあと、溶かしバターを加えて1時間ほど冷蔵庫で寝かせましょう。
  3. フライパン(フッ素加工)に生地をオタマに1杯分ずつ流し、薄くのばしながら枚数分を焼きましょう。
  4. 次はカスタードクリームを作ります。鍋に牛乳とバニラビーンズを入れて、沸騰寸前まで火にかけます。
  5. ボウルに卵黄と砂糖を入れて、白っぽくなるまでかき混ぜます。ふるった薄力粉を加え、軽く混ぜ合わせます。そこに温めた牛乳を少しずつ入れながら、よく混ぜます。
  6. 生地を鍋に移して中火にかけて、ゆっくり混ぜていきます。なめらかになったらバットに入れて冷ましましょう。固めに泡立てた生クリームと混ぜ合わせます。あとはクリームを生地に塗って交互に重ねていき、ラップで包んで冷蔵庫で冷やし固めて出来上がりです。

ガレット&ミルクレープ
このページをブックマークする
サイトマップ